「ドライビングバンク(通称ドラバン)」 利用規約

 

 

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社Flareの提供するドライビングバンク(以下「本サービス」といいます。)の利用に関し、当社及びユーザーの権利義務を定めるものです。本サービスをご利用になる前に、本規約の内容をよくお読みください。本規約は、ユーザーによる本サービスの利用及びアクセスに適用されます。本サービスを利用するためには、本規約に同意していただく必要があります。ユーザーが本規約に同意しない場合は、本サービスを利用することはできません。

 

第1条(一般条項)

  1. 本規約は、本サービスの利用に関する条件を規定し、当社とユーザーとの間で、本サービスの利用に関する拘束力のある合意(以下「本利用契約」といいます。)を形成するものです。ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、本規約を遵守するものとします。

  2. 個別規定(第3条に定義されます。)は、本規約に組み込まれ、本利用契約の一部を構成します。本規約と個別規定との間に齟齬がある場合は、個別規定が優先して適用されるものとします。

  3. ある団体(法人を含みます。)に所属する個人が、当該団体を代表して本サービスの申込みを行い、又は本サービスを利用する場合、当該個人は、当該団体を代表して本規約に同意し、当社との間で本利用契約を締結する権限を有するものとみなされます。この場合、当該団体は、本利用契約の当事者となり、本利用契約を遵守する義務を負うものとします(この場合、本規約において「ユーザー」とは、当該団体を指すものとします。)。

  4. ユーザーが20歳未満の場合、本規約に同意する前に、ユーザーは、親権者又は適用法令に基づき同意権限のある保護者から、本サービスの利用及び当社と本利用契約を締結することについて、明確な同意を得る必要があります。ユーザーは、そのような同意権者の事前同意なく、本サービスを利用することはできません。ユーザーが本規約に同意した時点で、ユーザーは同意権者から必要な同意を得ているものとみなされます。

  5. ユーザーは、本サービスの全部又は一部の利用に関して当社が指定する一定の条件を満たすことを求める場合があることにつき、同意するものとします。

 

第2条(変更、修正及び追加)

  1. 当社は、当社の単独の裁量により、随時、本規約及び個別規定を修正、変更又は追加することができるものとします。

  2. 当社は、本規約を変更、修正又は追加した場合には、当社ウェブサイト又は本サービス上に掲載する方法その他の当社が定める方法により、当該変更、修正又は追加をユーザーに通知するものとします。

  3. 当社がユーザーに当該変更、修正又は追加を通知した後に、ユーザーが本サービスを利用した場合、又は当社の定める期間内(もしあれば)に本利用契約を解除しなかった場合、ユーザーは、本規約の当該変更、修正又は追加に同意したものとみなされます。

 

第3条(定義)

本規約において、次に掲げる用語は、本規約において別段の定めがない限り、それぞれ次に定める意味を有するものとします。

  1. 「個別規定」とは、本規約とは別に、本サービスに関して当社とユーザーとの間で別途合意した申込書、契約書、及び当社が配布、配信もしくは掲示する文書等をいいます。

  2. 「知的財産権」とは、国内外における、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(翻訳・翻案権及び二次的著作物の利用に関する原著作者の権利を含みます。)、その他一切の知的財産権、及びそれらを登録する権利をいいます。

  3. 「個人情報」とは、個人情報保護法に定める、生存する個人に関する情報であって、 当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいいます。

 

第4条(利用登録)

  1. 本サービスをご利用いただくためには、当社所定の方法により、ユーザーとして登録し、アカウントを作成していただく必要があります。登録に際して、ユーザーは、本規約及び個別規定を遵守することに同意しなければなりません。また、ユーザーは、当社が指定する一切の情報(以下「登録情報」といいます。)を提供するものとし、当社に対して虚偽の情報を提供してはならないものとします。

  2. ユーザーの登録申請を承認する場合、当社は、当社の定める方法により、その旨をユーザーに通知します。ただし、当社は、当社の単独の裁量により、登録申請を承認するかどうかを決定することができるものとします。ユーザーの申請が承認されなかった場合でも、当社はその理由を開示する義務を負いません。

  3. ユーザーは、登録情報に誤り又は変更があった場合は、自己の責任において、当社が定める方法により、当該誤りもしくは変更を当社に通知し、又は自ら修正、変更するものとします。登録情報の虚偽、誤り、脱落又は変更漏れにより生じた損失もしくは損害については、ユーザーが単独で責任を負うものとし、当社はかかる損失もしくは損害に関しいかなる責任も負わないものとします。

 

第5条(アカウント)

  1. ユーザーは、自身のID、パスワード及びアカウントに関連するその他の情報を、自身の責任で安全に保管するものとし、それらの不正使用を防止するためのあらゆる措置を講じる責任を負うものとします。

  2. ユーザーは、自身のアカウントを第三者に貸与、共有、譲渡し、又はその他の方法により第三者に使用させてはなりません。

  3. ユーザーのIDとパスワードの一致を当社が確認した場合、当社は、ユーザーが当該アカウントの保有者として本サービスを利用したものとみなすことができるものとします。ユーザーは、ユーザーのアカウントに関する管理上の不備、不適切な使用、又は第三者による使用に起因する損失又は損害について単独で責任を負うものとし、当社は、当該損失又は損害について一切責任を負いません。

  4. ユーザーは、第三者によるユーザーのアカウントの不正利用又はそのおそれを発見した場合には、直ちにその旨を当社に通知するものとします。

 

第6条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは、専用アプリケーションをインストールした情報端末(以下「利用端末」といいます。)で計測した移動距離に応じて、所定の単位のポイント(以下「マイル」といいます。)その他各種コンテンツを提供するサービスです。

  2. 本サービスで計測されるユーザーの移動距離情報、位置情報、地図情報、その他本サービス上で指定する情報(以下「移動データ」といいます。)は、次の各号のとおり取り扱われます。ただし、利用端末の電源が入っていない場合や、利用端末の通信環境が整っていない場合は、移動データが測定されないことがあります。

(a) 移動データは、本サービスを起動させたユーザーの利用端末により測定され、当社が管理するサーバに直接送信されます。

(b )前号に定めるサーバに送信された移動データは、本サービス上で確認することができます。

(c) 移動距離データは、個人を特定できない形式に匿名化されて本サービス内で公開され、本サービスの他のユーザーと共有されることがあります。

 3. 当社は、移動データから算定される移動距離に応じて、ユーザーに対してマイルを付与します。マイルは、その保有するマイル数に応じて、他社の発行する特典との交換に利用することができます。

 4.マイルの有効期間は、当該マイルが付与された日から180日とし、有効期間が過ぎたマイルは無効となります。

 5.当社は、マイルと交換可能な特典の種類、内容、マイル交換の条件等を、その裁量に基づき、いつでも変更することができるものとします。

 

第7条(ユーザー情報)

当社は、ユーザーによる本サービスの利用に際してユーザーから提供を受け又は当社が収集した移動データ、個人情報その他の情報を、別途当社が定めるプライバシーポリシーに従い取り扱います。ユーザーは、かかる個人情報その他の情報の取扱いにつき、ここに同意するものとします。

 

第8条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、次の各号の一に該当する行為を行ってはならないものとします。

(a) 適用法令、裁判所の判決、決定、命令又は強制力のある行政処分に違反する行為又は違反するおそれのある行為

(b) 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為

(c) 当社、他のユーザー又は第三者の知的財産権、プライバシー権、その他の権利利益を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為

(d)本規約又は個別規定において認められた範囲を超えて本サービスを利用し、又は第三者をしてかかる利用をさせる行為

(e) 本サービスをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、改変、変換する行為、又はソースコードの解読を試みる行為、その他の解析行為

(f) 本サービスと接続されたネットワーク、サーバー、又はシステムに過大な負荷をかける行為

(g) 本サービスのシステムへの不正アクセス、当社設備内に蓄積された情報の不正な書き換えもしくは削除、その他の当社に損害を与える行為又はそのおそれのある行為

(h) 本サービスを通じ、犯罪者、犯罪組織又はその構成員に利益を供与する行為

(i) 本規約、個別規定、又は本サービスの目的に反する行為

(j) 当社と提携関係にあるサービス提供者との契約に違反する行為

(k) 上記行為を直接又は間接に惹起し、教唆し又は助長する行為

(l) その他、当社が不適切と判断する行為

 

第9条(本サービスの変更・追加・中止)

  1. 当社は、当社の裁量により、本サービスの内容を変更し、又は提供を終了することができます。当社が本サービスの提供を終了する場合、当社はユーザーに事前に通知するものとし、ユーザーから提供を受け又は当社が収集した移動データ、個人情報その他の情報を、終了後遅滞なく破棄するものとします。

  2. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止する権利を留保するものします。

(a)当社が必要と判断する本サービスに係るハードウェア、ソフトウェア、通信機器その他関連する機器もしくはシステムの定期的又は緊急の保守又は修理

(b)過剰なアクセスその他の予期しない要因によるシステムの過負荷

(c)システムセキュリティその他の対応が必要な問題が生じた場合

(d)電気通信事業者がサービスを提供しない場合

(e)第15条に定める不可抗力により本サービスの提供が困難となったとき

(f)法令、裁判所の判決・決定・命令、強制力のある行政処分等により、当社が本サービスの提供停止を求められた場合

(g)その他前各号に準ずる事由があったとき

3. 当社は、本条に基づく本サービスの内容の変更、修正、追加、又は本サービスの提供中止に起因してユーザーに生じた損害につき、いかなる場合であっても、一切の責任を負わないものとします。

 

第10条(秘密保持)

  1. ユーザーは、当社が秘密と指定して開示した一切の情報及び本サービスに関連してユーザーが取得した情報であって当社が秘密と指定した一切の情報(以下、総称して「秘密情報」といいます。)を秘密に保持し、保護しなければならないものとします。

  2. ユーザーは本サービスの使用又は本利用契約上の義務の履行のみを目的として秘密情報を利用できるものとし、当社の事前の書面による承諾なく秘密情報を第三者に開示してはなりません。

 

第11条(利用停止等及び終了)

  1. 当社は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、又は該当すると当社が判断した場合は、事前にユーザーに通知することなく、(i)ユーザーによる本サービスの利用を一時的に停止もしくは制限すること、又は(ii)ユーザーが本サービスに関して提供した情報の全部もしくは一部を削除すること(以下、総称して「利用停止等」といいます。)ができるものとします。

(a)ユーザーが本規約のいずれかの条項に違反した場合

(b)当社に提供された登録情報の全部又は一部が虚偽であることが判明した場合

(c)支払不能の状態に陥った場合又は支払を停止された場合

(d)破産、民事再生、競売、その他類似の手続の申立をしたとき又はこれらの申立を受けた場合、又は会社更生、特別清算、その他類似の手続の申立をしたとき又はこれらの申立を受けた場合(団体である場合)

(e)信用力の著しい低下、又は信用力に影響を与える営業上の重要な変更が生じた場合(団体である場合)

(f)解散、合併、事業の分割その他の事業構造を根本的に変更する決議をした場合(団体である場合)

(g)当社からの問い合わせその他の連絡に対して30日間以上ユーザーから応答がない場合

(h)利用停止等の処分を現在受けている場合、又は過去に受けたことがある場合

(i)ユーザーが、犯罪者、犯罪組織もしくはその構成員である場合、犯罪組織との交流、便宜の供与、その他犯罪組織の維持、運営、管理に協力しもしくは関与している場合、又はそのおそれがあると当社が判断した場合

(j)前各号に準ずる事態が生じたと当社が判断した場合

2.ユーザーが前項各号のいずれかに該当し、又はそのおそれがあると当社が判断した場合、当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本利用契約を解除することができるものとします。

3.当社は、本条第1項及び第2項に基づく利用停止等又は本利用契約の解除に起因してユーザーに生じた一切の損失又は損害につき、いかなる場合においても一切責任を負わないものとします。

 

第12条(権利の帰属)

ユーザーは、本規約に明示的に規定されている場合を除き、本サービス、並びに本利用契約に関連して当社がユーザーに提供した一切の情報及びデータに関する知的財産権その他一切の権利及び権限が、当社(又は当社に使用を許諾する者)に帰属すること、また、本利用契約に基づきこれらの権利が現在及び将来においてもユーザーに付与されるものではないことにつき、ここに確認するものとします。

 

第13条(免責及び非保証)

  1. 当社は、当社が別途明示的に表明する場合を除き、明示であるか、黙示であるか、又は法令に基づくものであるかを問わず、本サービスに関し、いかなる保証(特定目的への適合性、ユーザーが期待する利益、機能性、商品性、有用性、互換性、完全性、正確性、連続性、信頼性、実用性、可用性、アクセシビリティ、適法性、並びに、セキュリティ上の欠陥、エラー、バグ、ウイルス、その他の欠陥の不存在、及び本サービスを通じて提供されるコンテンツその他の情報につき第三者の権利を侵害しないことを含むがこれらに限定されません。)も否認します。

  2. 当社は、当社の故意又は重過失に基づく場合を除き、ユーザー及び第三者に対し、本サービスの利用に基づき又はこれに関連して生じる、いかなる請求、損害、損失、費用又は責任(逸失利益、事業の中断、又はユーザーから提供を受けたデータもしくは情報の喪失に起因する間接的な損害賠償を含むが、これらに限定されません。)についても、適用法上許容される限りにおいて、責任を負わないものとします。

  3. ユーザーは、本サービスの利用に関連して、ユーザーと第三者との間に紛争が生じた場合には、速やかに当該紛争の詳細を当社に通知したうえで、ユーザーの責任と費用において、当該紛争を解決するものとします。

 

第14条(補償)

ユーザーは、適用法で許容される限度において、(i)ユーザーによる本利用契約上の義務の違反もしくは不履行、(ii) ユーザーの故意もしくは過失、又は(iii)本サービスの利用に関連するユーザーと第三者との間の紛争から生じる、あらゆる責任、義務、損害及び損失(和解費用、専門家費用、訴訟費用その他の合理的な支出を含むがこれらに限られません。)から、当社を免責し、補償するものとします。

 

第15条(不可抗力)

当社は、天災地変、戦争、戦争のおそれ、戦争状態、敵対行為、戦時体制、封鎖、通商停止、拘留、革命、暴動、港湾の混乱、略奪行為、ストライキ、ロックアウト、伝染病もしくはその他の疫病、物資もしくは施設の破壊もしくは損傷、火災、台風、地震、洪水もしくは事故、又は当社の責によらない政府当局、準政府機関もしくはいずれかの政治的部門・部署・機関の行為に起因する場合、又は労働者、資材、輸送手段、電気・ガス・水道の不足もしくは遮断、又は当社もしくはその供給業者の事業所での労働争議、その他当社の支配を超えた他の原因(以下「不可抗力」といいます。)により、本利用契約に基づく義務の履行を遅延し又は不可能となった場合には、かかる義務の不履行について責任を負わないものとします。

 

第16条(期間)

  1. ユーザーと当社との間の本利用契約は、当社がユーザーの登録申請に対する承認の通知を発送した時点で効力を発生し、本規約の規定に従い終了するときまで有効に存続するものとします。

  2. 本規約に明示的に規定されている場合を除き、ユーザーはいつでも、当社が別途定める手続きに従い、本利用契約を解除することができます。

  3. 前項の規定に基づき本利用契約が終了した場合、ユーザーは、本サービスの利用に関する一切も権利を失うものとします。ただし、本利用契約終了前に、本規約に基づき生じた義務及び責任から解放されるものではありません。

  4. ユーザーは、本利用契約の終了後においても、本サービスの利用に際してユーザーから提供された情報又はデータを当社が保持することにつき予め同意するものとします。

 

第17条(通知)

  1. 当社は、本規約に別段の定めがある場合を除き、本サービス又は当社が運営するウェブサイトへの掲載、電子メール、その他当社が定める方法により、ユーザーに対して、本サービスに関する当社からの通知その他の連絡を行うことができるものとします。

  2. ユーザーは、本規約に別段の定めがある場合を除き、本サービスに関連する当社への通知、問い合わせその他の連絡を、当社が指定する方法により行うものとします。

  3. 本サービスに関する当社のサポートの内容、営業時間等の詳細については、当社が別途定めるところによるものとします。

 

第18条(譲渡禁止)

  1. ユーザーは、当社の事前の書面による同意なく、本利用契約又は本利用契約に基づく権利もしくは義務の全部もしくは一部を、売却、譲渡等により移転し、担保に供しもしくはその他の負担を課し、又は処分してはなりません。本条項に違反する譲渡又は移転その他一切の試みは無効であり、かつ、強制力を有しないものとします。

  2. ユーザーは、当社が本サービスに関する事業を第三者に譲渡又は移転した場合(以下「事業譲渡等」といいます。)、本利用契約に基づく当社の一切の権原、権利及び義務、並びに本サービスに関連して当社が取得した一切の情報を、当該第三者に移転することができることにつき同意するものとします。なお、事業譲渡等には、当社が消滅会社又は分割会社となる合併、会社分割その他の組織再編による包括承継が含まれるものとします。 

 

第19条(権利放棄)

当社がユーザーに対し本利用契約に基づく責任又は義務の履行を要求しなかった場合でも、そのことは、その後のかかる履行を請求する権利にはいかなる意味においても影響を及ぼさないものとします。また、当社が本規約のいずれかの規定の違反に対する権利を放棄しても、その後の同一の違反又は本規約のその他の規定に対する権利を放棄したことにはならず、また責任又は義務そのものの放棄にもならないものとします。

 

第20条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定又は部分は、継続して完全に効力を有するものとし、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

 

第21条(準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本利用契約は、抵触法の規定にかかわらず、日本法に準拠し、かつ、これに従って解釈されるものとします。

  2. 当社及びユーザーは、本利用契約から生じ又は本利用契約に関連するすべての訴訟に関し、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とすることに合意します。


 

2021年12月15日制定